【特急南風と高速バス、どっち?】岡山ー高知間の所要時間、運賃、便数で比較!

2021年9月8日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

この記事では、

岡山ー高知間、

特急南風と高速バス・龍馬エクスプレス、

どちらが良い?

という事を、

運賃・所要時間・便数の面で、

比較していきます!

新幹線を降りてからの、

高知への移動手段を考えるのに、

読んで欲しいです!

高知旅行の下調べに読んでみてください!

高知県の人が岡山へ行くのにも、

オススメ!

所要時間と運賃で比べると特急南風と高速バス、どちらが良い?

2017年6月23日、

岡山駅から特急南風に乗り、

高知へ行きました。

(写真は松山駅での特急宇和海ですが、

南風に2000系車両が

使われなくなってしまいました)

この時は特急南風を使ったので、

まずは岡山ー高知間の特急南風について、

書きたいと思います。

特急南風を片道で普通席特急券を買えば、

5540円。

少し高い😅

さて一方、高速バスはどうでしょうか?

高速バスを片道で乗ると、

岡山駅西口ー高知駅間で、

3700円。

特急南風だと5540円。

1840円も違いますね😅

安さなら高速バスの勝ち!

さて次は所要時間ですが、

高速バスも南風も、

岡山ー高知間を2時間半。

所要時間はほぼ同じ😅

これだと運賃が安い高速バスに、

軍配が上がります。

「高知観光きっぷ」を使えば特急南風での往復が高速バスと同じになる?

しかし「高知観光きっぷ」を使えば、

岡山・高知間を6600円で往復できます。

2017年も「高知観光きっぷ」を使いました。

これだと、

高速バスで岡山ー高知間を往復するのと、

同じ値段になります。

ただしe5489(ネット)から、

予約するのが必須。

ネットで予約して岡山駅など、

e5489発券機能がある、

券売機のある駅で発券。

普通に買うよりネットで予約する手間が、

一つ増えます。

しかし、デメリットはそれだけですね。

高知に行く事が前々から決まってて、

往復で利用できる人は、

「高知観光きっぷ」を使ってみてください!

便数は特急南風が圧倒的に多い?

しかし、「高知観光きっぷ」を使っても、

やや高速バス優勢に思えます。

そこで、もう一つ、

便数を比べてみたいと思います。

特急南風の本数は1日14本。

ほぼ毎時1本ある様です。

一方、

高速バスは1日5本。

南風の様に、

「待たずにいつでも乗れる」

って感じではないんですよね。

岡山ー高知間、

高速バスが優勢ですが、

1時間に1本の便利さで、

特急南風が勝ってます。

まとめ

  • 岡山ー高知間の特急南風と高速バス、運賃では高速バスが安く、所要時間はどちらも2時間半で高速バスに軍配。
  • しかし「高知観光きっぷ」を使うと、往復の金額がどちらも同じ6600円になる。
  • 本数は特急南風が毎時1本で1日14本。高速バスは1日5本で便利さでは特急南風が勝つ

こんな感じになりました。

競争激しい😅

新幹線が通らないと、

JRが勝つのは難しそうですね😅

さて、ここからは2017年6月に、

特急南風に乗った時の、

乗車記を書いて行きたいと思います。

特急南風乗車記

2017年6月23日、

岡山駅から特急南風に乗り、

高知へ行きました。

アナウンスがアンパンマン。

この時、天気が良く、

丸亀城や金比羅山の頂上もが、

よく見えました😃

2時間半も乗るから、

南風の車内トイレに行くのが、

必須なんですよね。

しかし2000系はめちゃめちゃ揺れるので、

歩くのが難しい😅

バランスが取りづらい。

しかも、和式トイレ。

女性は大変ですね😅

高知の平野部に出るまで1時間ぐらい、

ずっと崖っぷちを走ってましたね。

しかし渓谷は見応えがあり、

よく見たら水も綺麗。

鯉のぼりが吊ってある所もありました。

高知駅は屋根が木でできてて、

「小さな大阪駅」みたいな感じ。

四国の駅って、新幹線が通ってない分、

独特な感じがします。

坂本龍馬と武市半平太、

中岡慎太郎の像が出迎えてくれました。

この後、高知城に向かいました。

高知城については、

上の記事を読んでみてください。

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!