【伊賀上野城】藤堂高虎が大坂への防備として建てた立派な天守閣!高石垣は高くて危険なので撮影する時は注意!

2022年3月17日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

今日は2019年9月に三重県伊賀市の、

伊賀上野城

へ行った事を書きます!

伊賀上野城の天守閣や、

高石垣の写真を載せてますので、

伊賀上野城へ行く前の下調べに、

読んでみてください!

伊賀上野城が立派なのは大坂に対する備え?

草津から草津線で柘植、

柘植から関西本線で伊賀上野、

伊賀上野から伊賀鉄道で上野市駅まで移動、

そして上野市駅から、

伊賀上野城の麓まで歩いてきました。

上野市駅から伊賀上野城の、

一番外の石垣まで、

歩いて5分位だったと思います。

上野市駅から旧上野市役所と、

上野西小学校の間の道を通り、

駐車場を西へ向かいました。

こちらが「高石垣への近道」らしいです。

この石垣もゴツいですが、

「高石垣」とは違う様でした。

ここは写真では分かり辛いかもしれませんが、

勾配があります。

やや登り。

ここから天守閣の方へ上がって行きます。

この写真の所が本丸大手らしいですが、

石垣より外側に上野高校がありました。

「友達以上探偵未満」の舞台ですね〜。

それはともかく、

石垣より内側に入っていきます。

ここら辺で伊賀上野城が建てられた経緯を。

伊賀上野城は本能寺の変の少し後に、

筒井定次が建造。

大坂の陣の前に、

築城の名手・藤堂高虎が入り、

大坂に対峙する城にしました。

大坂方が東に向かって攻めてきたら、

奈良を通って伊賀上野まで、

攻めてくるかもしれない。

そのため大坂の方角、

西側の防備を強化して作られたんですね。

そして本丸を西に拡張し、

高さ30mの高石垣を設置。

大坂に対する備えとして、

日本で1・2を争う、

高石垣が作られたんですね。

後で写真載せますが、

高石垣を登って攻めるなんて、

無理です!(笑)

伊賀上野城の天守閣が大きいのは、

高虎が家康に良い所を見せようとして、

(高虎はこういうので、

出世した大名なんですよね〜)

この田舎町(すいません💦)には

立派すぎる天守閣を、

頑張って作ってしまったからだそうです。

この坂を登り切ると天守閣。

上野市駅から天守閣まで、

歩いて10分あれば行けそうです。