【松尾芭蕉の名句「夏草や〜」を現地で!】北上川の眺めが良い?平泉・高館義経堂

2021年9月7日

こんにちは〜。

この記事は、

2020年3月の東北北陸7泊8日旅行の、

4日目で岩手県平泉の、

高館義経堂

に行った話です。

源義経を偲び北上川を眺め、

松尾芭蕉の名句

を現地で味わいました。

その後自転車で太田川の堤に登り、

平泉を後にしました。

高館義経堂は良い景色?芭蕉の有名な句も?

中尊寺を奥まで参ったので、

下山。

平泉駅の方へ自転車を漕ぎました。

 その道中に、

「高館義経堂」がありました。

その名の通り、

源義経の館があった

という高台。

そして義経が自刃した

という館。

北上川に面した丘陵に立ち、

判官館(ほうがんだて)

とも呼ばれています。

判官は義経の呼び名ですね。

入場料200円

を払い、少し登って行きました。

北上川が曲がっていく

良い景色が見れました。

www.youtube.com

川のせせらぎの音も聞こえます。

そして中尊寺に続き、

松尾芭蕉の句碑

皆さん、聞いた事のある人が多いのでは?

夏草や

兵どもが

夢の跡

この高館は義経が自刃した場所

でもあるのですが、

松尾芭蕉は結構な

判官贔屓」、

つまりは義経好き

だった様ですね。

平泉へも義経が好きだから、

立ち寄りました。

高館から眼下に広がる夏草が、

風に揺れ光る様を眺めた芭蕉は、

100年に渡り平泉文化を築き上げた

奥州藤原氏の栄華や、

この地に散った義経を思い、

この名句を詠んだそうです。

上に書いた芭蕉の内容、

この漫画、

「マンガ日本の古典 

奥の細道」

中尊寺売店で売ってて、

この本に書いた内容を移したんです😅

中尊寺の「五月雨の〜」も。

詳しくは上の記事に書いてますが、

面白いですよ!

太田川を見に行ったのは風が強かったから?

この後、平泉駅に向かったんですが、

まだ電車の時間には大分余裕があったし、

駅から中尊寺とは逆の方向、

太田川の方へ向かいました。

一関から平泉に来る時の電車から見た時、

綺麗に堤と川が出来てる。

気になって見に来たくなりました。

関係ないですが、

広島にも太田川って、

川がありますよね。

あと風がめちゃめちゃ強いのも気になって、

土手まで上がってきたんでした。

自転車をまともに

漕げない程、

風が強い瞬間

もあったけど😅

平泉でやり残した事がある?

平泉駅で買った、

「あんドーナツ」

が松島までの電車のお供。

ピザとかで色々食べたので、

なかなか食べ切れませんでしたが、

美味しかったです!

平泉は中尊寺とか、

世界遺産のお寺も良かった。

しかし、

ばっけピザとか、

食べ物の美味しい所でもありました。

岩手名物の「わんこそば」も、

食べたかったな。

中尊寺の参道横にある、

「義家」というお店のそばが、

美味しいらしいです。

でもピザも美味しかったもん。

仕方ない😅

そんな感じで平泉を後に。

再び普通電車を乗り継いで、

前日遊覧船に乗り損ねた松島に向かいます。

それでは今日はこの辺で!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!